急な痛み・ケガの治療 -Injury Care

Pocket

素早く直して長引かせない「7つの治療法」

こんな症状や状況でお悩みではありませんか?

  • 足首をひねった、くじいた(ねんざ、じん帯損傷)
  • ギックリ腰になった、寝違えになった
  • 身体をぶつけた(打ち身、打撲)
  • 転んで青あざになった、ケガしたところが腫れて痛い
  • 突き指した
  • 筋違いや肉離れをおこした
  • 肩が外れた、アゴが外れた(脱臼)
  • 幼児の肘が抜けてダラんとなった(肘内障)

 

「我慢できる痛みだから」「大したことはないだろう」と放っておいたり、自己流で対処を間違えたりすると、症状が悪化したり慢性化したりする危険があります。素早くきちんと治すには、早めの適切な処置が何よりも大切。まずは当院にご相談ください。

 

接骨院と整形外科や整体屋との違い -Difference

整体屋は民間資格のため、各店舗、団体によってそのレベルや基準はまちまちです。もちろん保険は使えませんし、医療機器も使用できません。

また、整形外科は画像診断や投薬、手術が中心となります。そのため、骨折の疑いや手術が必要な場合には当院でも整形外科をご紹介します。

一方、ケガや急な痛みに対する治療やリハビリは、接骨院の専門領域です。接骨院では厚生労働省が免許を付与する柔道整復師が施術を行うため、症状によっては保険適用で治療を受けることもできます。

この柔道整復師の資格を取得するためには、解剖学、生理学、運動学、柔道整復術などを3年以上専門学校で学び、国家資格に合格する必要があります。治療は手技を中心に、電気や超音波などの医療機器も併用するのが特徴です。

 

電気だけ、マッサージだけではない 当院の7つの治療法 -Therapy

柔道整復師になるための専門学校では、マッサージ的な手技しか勉強しません。そのため、接骨院や病院などで修行をしていても、ほとんどのところは揉んだり伸ばしたりするだけなのが実情です。

また、昔ながらの接骨院の場合、電気をかけてあとは手技をちょこっとするだけ、というところも少なくありません。ですが、はっきり言ってそれで治る症状はほんの一握りです。それぞれの治療法には、一長一短があるからです。

そのため当院では、手技をしっかり行うのはもちろん、電気や超音波、運動療法など、様々な治療法を組み合わせて早期治癒を図っています。

 

筋肉ほぐし・ストレッチ

骨格や関節を調整したり、姿勢や動作を改善したりするためにも、まずはマッサージ的な手技やストレッチなどで全身の筋肉の張りをほぐしていきます。もみほぐし店やストレッチ専門店とは異なり、国家資格を持った施術者が、慰安ではなく治療のために施術を行います。

関節モビライゼーション

肩が上がらない、膝が曲がらないなど、関節の動きの制限や痛みがある場合には、関節モビライゼーションと呼ばれる手技を行います。関節の滑りや遊び(引き離し)をスムーズに整えることで、動きをよくして痛みも楽にしていきます。

運動療法・動作改善

例えば解剖学的に無理な姿勢でスクワットをすれば、いずれどこかを痛めます。このように、ケガや痛みの原因は、普段の姿勢や動作のクセにあることが実は多いです。そのため当院では、解剖学的に機能しやすい正しい動作や正しい姿勢を、手取り足とりで指導していきます。

超音波治療

超音波は人間の耳には聞こえない高い振動数をもった音波で、身体の奥深くまで届く特徴があります。この音波が細胞を振動(シェーキング)させることで、細胞を活性化して代謝を上げたり、身体を深部から温めて血流を改善したりすることで、治癒を早めることができます。

低周波治療

人間の身体は痛みを感じると、その情報を電気信号に変換して脳へ送ります。この特性を生かしたものが低周波治療です。人体に安全な電流を流すことで、痛みを感知するセンサーの反応を抑えたり、痛みの情報を脳へ伝達するのを抑制したりします。また、電気刺激で筋肉を収縮させて血行を改善することで、痛みの素や老廃物の排出を促していきます。

ウォーターマッサージベッド

私たちは胎児の頃に羊水と呼ばれる水の中にいました。そのため、水の中に浮かぶことでリラックスしやすいという性質があります。ウォーターマッサージベッドは、水の中に浮かぶような浮遊感と、ローラー型とは異なるソフトな水圧刺激や多彩なマッサージパターンによって、全身の血行を促進し、深いリラクゼーションへと身体を導いていきます。

テーピング

ケガを悪化させないためには、患部を圧迫・固定して炎症の広がりを抑えることが重要になります。また、復帰前のリハビリ中や、関節に違和感を残した状態で運動をする際は、テーピングをすることで関節を補強して患部への負担を軽減したり、不安感を払拭したり、可動域を適度に制限したりすることができます。